2014年 10月 16日

和楽11月号





和楽11月号179ページ(画像左)にて「ウノスロー」ソフトグレーをご紹介頂きました。
こちらはスローとして販売をしていますが、実はアウターとして購入される
お客様も多いアイテムです。
100%カシミヤでしっかりとした厚みのあるスローは、大判のショールとしてお着物の上から羽織ると上質な羽織のようです。
またトレンチコートなどの薄手のコートの上から羽織るのもおすすめ。この組み合わせで真冬も暖かく過ごせます。

一般的にお着物の着こなしとして、秋口から春ごろまでは帯付き姿は寒々しく見えるとの理由から屋外で何かを羽織った方が良いと言われるようです。
今回和楽さんでご紹介頂き、お着物とカシミヤショールの組み合わせがとても素敵で新鮮に映りました。
スローは別名マルチテキスタイルとも呼ばれ、その使い方は無限です。

ウノスローの他のカラーはこちらからご覧ください。
ウノスロー






■  [PR]

# by oyuna | 2014-10-16 17:47 | コレクション
2014年 10月 07日

秋冬商品が入荷しました





ウェブストアに秋冬商品が一部入荷いたしました。
オユーナジャパンスタッフも待ち望んでいた秋冬コレクションです。

日本ではまだお取扱いの少ないトラベルセットや、オユーナウェブストアでしか取扱いのない商品もございますので、ぜひ新しいラインナップをご覧ください。

トラベルセット、ハット、グローブは今後も新色の入荷を予定しております。
時々こちらからウェブストアを覗いてみてください。
http://oyuna.jp/shop




■  [PR]

# by oyuna | 2014-10-07 17:19 | ウェブストア
2014年 07月 07日

婦人画報8月号




婦人画報8月号、伊藤美佐季さんのスタイリング「シャツで際立つ、大人のための着こなし」にて、
ウラショール インディゴ・トープ」(P.182)をご紹介頂きました。

何度かこちらのブログでもご紹介しているウラショールは、
2色のグラデーションで丁寧に染め上げられた極薄のカシミヤ―ショールです。
巻き方や色の見せ方で幾通りものスタイリングが楽しめます。
とても軽いため、一日中身につけていても着疲れすることもありません。

春夏シーズンに大変人気のある商品で、オユーナウェブストアでも現在全6色をご案内しております。
http://oyuna.jp/shop







■  [PR]

# by oyuna | 2014-07-07 14:53 | プレス
2014年 06月 30日

今年色の夏ショール





一年を通して使える極細カシミヤ糸で織り上げた「タラ ショール」は、夏にも心地よい薄さです。
Oyuna Japan Webstore に、今年色の鮮やかなパープルブルーとオレンジが入荷しています。

ナチュラル素材のファッションを好む人は、ナチュラルカラーやベーシックカラーの装いが多いようです。
時には、鮮やかなカシミヤショールでいつもの着こなしをスパイスアップしてみてはいかがでしょう。

上質でベーシックなカシミヤショールは、ひっかけや虫食いに気を付ければ何年でも使えます。
毎年1枚カシミヤショールを買い足していく、そんなワードローブ計画も楽しいものですね。



■  [PR]

# by oyuna | 2014-06-30 12:19 | コレクション
2014年 06月 23日

シルク スクリーン プリンティング




オユーナのロングセラー、イラワーズショールは、
シルクスクリーンというプリント技法でロンドンの工房で一枚一枚丁寧にプリントされています。
オユーナのロンドンオフィスの編集により、その作業の様子が映像にまとめられました。
ふたり一組でたんたんと作業している姿が穏やかで美しい映像です。
オユーナがものづくりをするうえで大切にしているハンドワークの一つがこの「イラ」シリーズで、
「イラワーズ」の他、毎シーズン新しいプリントを発表しています。

映像はこちらからご覧ください。
http://oyuna.com/news/post/silk-screen-printing

「イラワーズ」
プリントされているのは、デザイナーオユーナ直筆のモンゴル語の詩です。
オユーナは最愛の父親を亡くした年に父の教えを詩にしてこのショールに残しました。
詩の内容は「The sky is always blue - 空はいつも青い」というもの。
空は本来いつでも青いものですが、太陽や月、雲の影響を受けて、人の眼にはグレーや黒に映ります。
空の色をたとえにとって、様々な外的要素にとらわれず物事の本質を見る大切さをオユーナの両親は教えたといいます。
このショールを身に着けていると、どこか曇りのないまっすぐな気持ちになります。
オユーナスタッフの定番の一枚です。

シルク スクリーン プリントとは、
インクが通過する穴とインクが通過しないところを作ることで版画の版を製版し、印刷する技法のことをいいます。
枠に紗とよばれる生地を張り、ステンシルのような版を作ったあと印刷します。
かつてはその名のとおり版にはシルク生地が使われていましたが、現在では耐久性に優れた合成繊維が使われています。
オユーナでは100%カシミヤ生地にシルクプリントを施しています。










■  [PR]

# by oyuna | 2014-06-23 15:52 | コレクション


< 前のページ      次のページ >